痩せてスリムで美しい姿へ!ダイエットお役立ち情報!

体重を落としスリムになれば豊かで自信のある生活が送れます。そんな姿になれるよう、ダイエットに関するお役立ち情報を提供します。

大人気!お酢を使ったお手軽ダイエット!

お酢はダイエットに効果あり

健康にも良い食品として大変人気で注目されているお酢ですが、実はダイエットにも効果があることで知られています。
酢がダイエット飲料として重宝される理由は何なのか、そしていったいどのような効果があるのか見ていきましょう。

スリムな体型

お酢が脂肪を燃焼させるメカニズム

お酢の主要な成分は酢酸と呼ばれ、刺激臭と酸味の強い成分です。
お酢が酸っぱいのはこの酢酸に由来しており、酢酸は体内に入るとクエン酸に分解されます。
そして体内に摂取されたクエン酸は、脂肪や酸化物を効率よくエネルギーに変化させます。
このようにクエン酸により余計な脂肪が効率的に燃えるため、お酢はダイエットが期待できるのです。

脂肪をたまりにくくさせる効果も

酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸は体内に入ると脂肪の合成を抑えて脂肪細胞に脂肪をたまりにくくさせる効果もあります。
お酢は脂肪をたまりにくくさせながらも、たまった脂肪を燃焼させるなんてすごいですね。

人の体を酸性からアルカリ性に変化させる

現代人の身体は食生活などの影響で酸性に傾きがちですが、酢を摂取すると短時間で身体がアルカリ性に変わります。
身体がアルカリ性に変わると、腎臓が自らの働きを促進し利尿作用を促します。
利尿作用を促進させることにより、むくみの解消が期待できます。

黒酢ダイエット

酢の中でも、黒酢は健康によくダイエット効果もあるものとして、有名ですよね。
黒酢は長い間じっくりと熟成されて作られるもので、黒酢に含まれるクエン酸や、多種多様なミネラル、アミノ酸、酢酸はこの熟成期間の間にじっくり増えていきます。

黒酢の特徴はアミノ酸の量

特に黒酢に含まれるアミノ酸の量は特筆すべき点があります。
普通の米酢の6倍の量のアミノ酸が含まれていて、これは黒酢の代表的な特徴です。
アミノ酸は、むくみの解消や便秘解消、利尿効果の促進、新陳代謝の向上など、ダイエットに効果的な作用を持つとともに、疲労回復や肩こりの緩和なども期待できます。

ダイエットの効果を得るための黒酢の飲み方

ダイエットの効果を得るには、1日に30mlを目安に食事の後など何か食べた後に飲むのが良いようです。
すきっ腹に酢を摂取すると胃に負担になりかねませんし、黒酢には食欲増進効果があるために食事前の摂取は食べ過ぎをもたらす可能性があります。
黒酢が濃くて飲めない場合は水を足して、薄めて飲むと良いでしょう。
何回かに分けて日に数回飲んでも効果はあります。

リンゴ酢ダイエット

酢を使ったダイエットではリンゴ酢ダイエットも人気があります。
日本酒を発酵熟成させたものが米酢ですが、リンゴ酢はリンゴ酒を発酵熟成させたもので、お酢独特のツーンとするようなにおいがあまりない点が特徴です。
お酢のツーンとするような香りは酢酸から来るものですが、リンゴ酢には不揮発性のコハク酸、クエン酸、リンゴ酸が酢酸の代わりに多く含まれており、それにより揮発性の酢酸の香りが和らぐのです。

善玉菌を活性化させ、腸の働きを活発に

リンゴが含んでいる有機酸は、腸の悪玉菌を抑えつつ善玉菌を活性化させます。
それによって腸のお掃除をして働きを活性化させる効果があり、便秘解消が期待できることからリンゴ酢ダイエットは効果的なのです。
リンゴに含まれるペクチンは腸の運動を活性化させ、腸内のビフィズス菌を増加させ善玉コレステロールも増やす効果があります。
また、酢であることから利尿効果の促進や便秘の解消、体内の老廃物の排出効果がリンゴ酢にはありますので、余分な水分を出しむくみを解消する効果もあります。

ダイエットの効果を得るためのリンゴ酢の飲み方

黒酢同様、適量は一日に30mlで、ダイエットを目的に飲む時は毎日摂取しましょう。
日々忘れずに習慣化させて飲むことがダイエットには有効です。
酢のすっぱさが苦手で飲めない人でも、リンゴ酢なら続けやすいでしょう。
そういった意味でもおすすめです。

バナナ酢ダイエット

バナナ酢ダイエットも人気のダイエットです。
バナナ酢は市販のものもありますが、バナナを黒酢に漬け込むことで自分でバナナ酢を作ることができます。
ダイエット効果抜群の黒酢に栄養価の高いバナナを漬けることで、健康にも大変良いお酢ができあがるのです。

バナナにはダイエットに効果的な成分が豊富に含まれている

バナナはカリウムが多く、栄養価の高い食べ物としてよく知られています。
カリウムには体内の塩分を排出する作用があり、利尿作用でむくみの解消に役立ちます。
また、カリウムは脂肪を分解する酵素を活性化させ、間接的に脂肪を分解します。
そしてバナナ酢には、便秘の予防に効果的なペクチンや、糖質分解を助けるアミラーゼも含まれています。

肌の調子を整える効果も期待できる

バナナ酢にはビタミンB6が豊富に含まれています。
ビタミンB6が体内で不足すると、皮膚炎や貧血の原因となりますが、バナナ酢を飲めば十分摂取することができます。
シェイプアップ効果だけでなく、お肌の調子をよくする効果もバナナ酢には期待できるのです。

ダイエットの効果を得るためのバナナ酢の飲み方

他のお酢と同様、一日に30mlを目安に呑みましょう。
酸味が気になる人は豆乳やヨーグルト、牛乳などに混ぜると美味しく摂取できます。
バナナ酢にはダイエット以外でもメリットが多くあるため、できるだけ毎日飲むことを心がけましょう。

しそ酢ダイエット

しその絞り汁を黒酢に加えたものがしそ酢です。
シソの葉にはポリフェノールであるロズマリン酸が含まれており、この成分がダイエット効果をもたらします。

糖の分解を抑制する効果

シソ科の植物に主として含まれているロズマリン酸は、糖を分解する酵素に働きかけて分解を抑制します。
炭水化物を食べると、分解されたブドウ糖が中性脂肪へと変化し、使い切れなかった分は体内に蓄えられることになります。
ここでしそ酢を飲むと、ロズマリン酸によって脂肪の分解が抑制され、中性脂肪の蓄積を減らせるわけです。
簡単に言えば炭水化物がブドウ糖にならずに体外に排出されるのです。

ダイエットの効果を得るためのしそ酢の飲み方

他の酢とは異なり、ダイエット目的でしそ酢を飲む場合、だいたい大さじ2杯~3杯を一日に摂取することで効果が期待できます。
味に抵抗がある人は、水などで薄めて調整しましょう。はちみつなどを加えても味わいが変わります。
ダイエットのためには食事の後に毎日しそ酢を飲み、習慣化させて飲むようにすることが重要です。

お酢

お酢のダイエットに必要なことは習慣化

様々な種類のお酢のダイエット効果を見ていきましたが、いずれも共通しているのは効果を出すためには飲むことを習慣化させる必要があることです。
1回や2回飲んだだけでは何も効果がありません。
日々の生活の中にできるだけ酢を使い、ダイエット効果、健康効果を最大限に発揮させましょう。
効率よくダイエットをするために、自分なりのお酢の飲み方や摂取習慣を作って実践することをおすすめします。

ダイエットの続かない人におすすめ!簡単耳つぼダイエット!

ダイエットをしようと思って食事制限や運動をしても、なかなか効果が出なくて、すぐに諦めてしまった人は必見です!

痩せた体型

食事制限や運動で効果が出ない人へ

世の中には痩せたいと望む人が多く、巷には多くのダイエット方法が溢れかえっています。
種類としては大きく分けると運動と食事制限ではないでしょうか。
ただ両者ともに早々簡単に上手くいくダイエット方法ではありませんよね。

運動はモチベーションを継続するのが難しい

もともと運動が好きでない人がダイエットのためだからといって頑張っても、モチベーションが維持できないです。
まれにダイエットを機に運動に目覚める人もいますが、みんながみんなそうなるわけではないでしょう。
痩せるために!と、数週間頑張ったとしても痩せた後にぱたりと止めてしまえば、結局消費カロリーが減ることになるので元の体型に戻ってしまいます。

食事制限は誘惑との戦い

食事制限はなんと言っても誘惑との戦いが辛いところです。
ダイエットをする人は元々食べることが大好き!
そんな人が食事の制限をするなんて耐えがたいですよね。
例え食事制限で体重を落とすことができても、ある程度期間を空けると再び元の食生活に戻り、体型も戻ってしまいます。
また、健康を損なってはいけないので過度な方法は、あまりお勧めできません。

耳にある痩せるツボ

数あるダイエットの中には、耳にあるやせるツボを押すというダイエット方法があります。
いつもどおりの生活をしつつ、耳つぼを刺激して体重を減らしていけることが、耳つぼダイエットの魅力です。
耳つぼだけで痩せられるなんて嘘のような話ですよね。
それだけで本当に痩せられるの?と思われますが、耳つぼを押すことで直接カロリーの消費に寄与するだけではなく、以下の効果によりダイエットに繋がるわけです。

食欲をゆるやかにしてくれる

運動をせずに痩せるためには、消費カロリーを上げるだけではなく摂取カロリーを減らす必要があるので、これは助かりますよね。
つぼを押すだけで勝手に食事制限に繋がるわけです。
自分の意思だけでは抑えることができなかった食欲をつぼのマジックで抑え込めるのです。

胃腸の働きを改善してお通じをよくしてくれる

お通じが良くなるだけで、即体重の減少に繋がるわけではありません。
しかし、お通じが良くなり便秘にならなければ、デトックスの作用によりむくみを目立たなくできます。
さらに小顔効果もあるため、成果が目に見えやすいのが嬉しいところです。

耳つぼを押される女性

つぼは人に押してもらわなくても、自分で押すやり方でOK

※本ページでは具体的な方法までは記さないので、ツボについては各自で調べていただきたいです。Webでググれば情報はたくさん出てきます。
セルフで耳つぼダイエットを行う場合、ツボの部分を指の腹や、綿棒を使って刺激を重ねていきます。
良くわからなければ、耳つぼマッサージを実践している整骨院や鍼灸院に行き、プロの方に刺激をしてもらうのも良い方法です。
また、耳つぼマッサージの専門技術を持っている鍼灸院や整骨院で施術を受け、やり方を覚えたら以後は自己流にするのもいい方法でしょう。
割と簡単なのですぐに始められるのがつぼ押しダイエットのメリットでしょう。

まとめ

以上が説明になりますが、ダイエットの方法としてはとても簡単にできるということをお分かりいただけましたか?
これまで食事制限や運動をはじめとして色々なダイエットを実践しているけれども、うまくいかなかったという人に耳つぼはおすすめです。
本当にこんなことで痩せるの?と疑わしく思われる人もいることでしょう。
ダイエットは人によって合う合わないがあり、当然必ず効果が出ると言い切れるものではありません。
ただ、特別な道具も必要ないためお金がかかるものでもありません。
疑わしいものの、だめ元で一度試してみてはいかがでしょうか。

知識を持って臨めば効果絶大!断食ダイエット!

断食とは

ダイエットの種類の中でも主要な方法の1つである断食について説明します。
断食は、一定期間食べ物は摂らずに水分の摂取だけを行い過ごす方法です。
一定期間食べ物を摂らないことで体重の減少を図るだけではなく、消化器官を一旦きれいにしダイエット向きの体質にする効果もあります。
うっかり食べ過ぎが続いたり、体重の上がり方が最近気になっているなど、速やかに痩せたいという人におすすめです。
限られた期間内で、一気にやってしまうことが断食ダイエットの基本であり、だらだらと続けるものではありません。
(大体2〜3日で空腹感が辛くなり、だらだら続けられるようなものではありませんが)

スリムな女性

断食ダイエットは知識を付けてから

軽々しく行えるものではないといわれている断食ダイエットは、ある程度知識を身につけてから行いましょう。
知識を持たない人が自宅で断食をすることは非効率でダイエット効果が乏しいだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。
知識とは言え何も学校に通ったり資格を取る必要はありません。
今やWebや書籍に多くの情報が掲載されているため、そういった情報を読み込んで自分なりに情報を噛み砕いてから断食をしましょう。

正しく断食を行えば大きな効果が

正しく行えば断食は大きなダイエット効果があります。
短期的に言えば、やはりカロリー制限をして食事を制限することが一番体重を低下させることに有効で、成功すれば効果を実感しやすいです。
また、断食をすることで体の中に残っていた老廃物を出すことができるなどダイエット以外にもメリットはあります。
ただし前述のように体を壊してしまいかねないので、決して無理をせず適切な方法で行うようにだけ注意しましょう。
断食ダイエットは良い面とマイナス面がある諸刃の剣なのです。

体にかかる負担

断食ダイエットの効果は個人差がありますが、大抵は3日間の断食で体重を減らします。
長期の断食は、生理不順や拒食症などの原因になることがあります。
特に1度断食で体重を落とすことに成功した経験のある人ほど何度も断食期間に入る傾向があるため、危険性を理解した上で計画的に臨みましょう。
どれくらいの期間をどういった断食を行えば良いのか事前に検討し、スケジュールを立てた上で行うことが重要です。
そして水しか飲めない断食ダイエットもありますが、スムージーやスープなど特定の液体については摂取可能としているスタイルの断食もあるので、自分に合った断食のスタイルを選ぶようにしましょう。
また、身体の具合を損ねないように、断食ダイエットをしている時でも水分補給は十分に行って、脱水にならないようにしましょう。


専門施設を利用する方法も

断食はとても体への負担が大きい方法なので、自己判断でするのは恐くなる場合もあるでしょう。
もし長期間に渡って断食を行いたい人は、断食ダイエット道場や断食センターのような専門施設を利用することも良いでしょう。
施設であれば、同じ境遇の人にも出会えるため、励まし合いながら断食を実践することもできます。
無理して4日も5日も家庭での断食を行い、体調を崩すというパターンが、いちばんよくありません。

自分へのご褒美で引き起こすリバウンド

断食中は断食後に何を食べようかとついつい想像が膨らんでしまい、断食後に自分へのご褒美として高カロリーの食事を摂ってしまいがちです。
もちろんそんなことをすればリバウンドを引き起こすだけです。
断食後の身体は脂肪を溜め込みやすい状態になっていますので、徐々に食事量を戻して、いつもの食事にしていきましょう。
断食を続けていた体は飢餓状態になっていますので、リバウンドが起きないように身体の状態を見ながら食事量を戻すことが重要です。
せっかく辛い思いをしてまで乗り切った断食ダイエットの効果が全部ムダになってしまうため、断食中のことだけではなく断食後にもどういった食生活をしていくべきか、事前にしっかり知識を付けることが大切です。