痩せてスリムで美しい姿へ!ダイエットお役立ち情報!

体重を落としスリムになれば豊かで自信のある生活が送れます。そんな姿になれるよう、ダイエットに関するお役立ち情報を提供します。

知識を持って臨めば効果絶大!断食ダイエット!

断食とは

ダイエットの種類の中でも主要な方法の1つである断食について説明します。
断食は、一定期間食べ物は摂らずに水分の摂取だけを行い過ごす方法です。
一定期間食べ物を摂らないことで体重の減少を図るだけではなく、消化器官を一旦きれいにしダイエット向きの体質にする効果もあります。
うっかり食べ過ぎが続いたり、体重の上がり方が最近気になっているなど、速やかに痩せたいという人におすすめです。
限られた期間内で、一気にやってしまうことが断食ダイエットの基本であり、だらだらと続けるものではありません。
(大体2〜3日で空腹感が辛くなり、だらだら続けられるようなものではありませんが)

スリムな女性

断食ダイエットは知識を付けてから

軽々しく行えるものではないといわれている断食ダイエットは、ある程度知識を身につけてから行いましょう。
知識を持たない人が自宅で断食をすることは非効率でダイエット効果が乏しいだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。
知識とは言え何も学校に通ったり資格を取る必要はありません。
今やWebや書籍に多くの情報が掲載されているため、そういった情報を読み込んで自分なりに情報を噛み砕いてから断食をしましょう。

正しく断食を行えば大きな効果が

正しく行えば断食は大きなダイエット効果があります。
短期的に言えば、やはりカロリー制限をして食事を制限することが一番体重を低下させることに有効で、成功すれば効果を実感しやすいです。
また、断食をすることで体の中に残っていた老廃物を出すことができるなどダイエット以外にもメリットはあります。
ただし前述のように体を壊してしまいかねないので、決して無理をせず適切な方法で行うようにだけ注意しましょう。
断食ダイエットは良い面とマイナス面がある諸刃の剣なのです。

体にかかる負担

断食ダイエットの効果は個人差がありますが、大抵は3日間の断食で体重を減らします。
長期の断食は、生理不順や拒食症などの原因になることがあります。
特に1度断食で体重を落とすことに成功した経験のある人ほど何度も断食期間に入る傾向があるため、危険性を理解した上で計画的に臨みましょう。
どれくらいの期間をどういった断食を行えば良いのか事前に検討し、スケジュールを立てた上で行うことが重要です。
そして水しか飲めない断食ダイエットもありますが、スムージーやスープなど特定の液体については摂取可能としているスタイルの断食もあるので、自分に合った断食のスタイルを選ぶようにしましょう。
また、身体の具合を損ねないように、断食ダイエットをしている時でも水分補給は十分に行って、脱水にならないようにしましょう。


専門施設を利用する方法も

断食はとても体への負担が大きい方法なので、自己判断でするのは恐くなる場合もあるでしょう。
もし長期間に渡って断食を行いたい人は、断食ダイエット道場や断食センターのような専門施設を利用することも良いでしょう。
施設であれば、同じ境遇の人にも出会えるため、励まし合いながら断食を実践することもできます。
無理して4日も5日も家庭での断食を行い、体調を崩すというパターンが、いちばんよくありません。

自分へのご褒美で引き起こすリバウンド

断食中は断食後に何を食べようかとついつい想像が膨らんでしまい、断食後に自分へのご褒美として高カロリーの食事を摂ってしまいがちです。
もちろんそんなことをすればリバウンドを引き起こすだけです。
断食後の身体は脂肪を溜め込みやすい状態になっていますので、徐々に食事量を戻して、いつもの食事にしていきましょう。
断食を続けていた体は飢餓状態になっていますので、リバウンドが起きないように身体の状態を見ながら食事量を戻すことが重要です。
せっかく辛い思いをしてまで乗り切った断食ダイエットの効果が全部ムダになってしまうため、断食中のことだけではなく断食後にもどういった食生活をしていくべきか、事前にしっかり知識を付けることが大切です。